18th - 19th c. indigo×black×red droguet gilet
T-le421

67,500円(税込)

購入数

18世紀から19世紀に全て手縫いでつくられたダブルブレストのジレ。前身頃はインディゴ染め麻の経糸に赤と黒のウールの緯糸で織られたDroguetと呼ばれる布地が使われています。バックは生成りのウール素材。ボタンはメタル製、2つ同サイズで違う柄のものに変わっています。ボタンホールはもちろん手縫いです。一番上の列のボタンがついていないです。後ろ身頃に穴が多数、全体的に毛玉のようになっています。前身頃は比較的状態がよく、少し毛糸の切れている部分や直しがあります。前身頃の裏地にはリネンが張られ、内ポケットが1つついています。男性Sサイズくらいです。このようなものは滅多に出ませんのでお勧めです。襟裏に針がついていましたので、そのまま発送します。

サイズ:着丈約48cm、肩幅32.5cm、身幅46.5cm   France






他の画像も見る>>