19th c. boutis "indigo × red"
D-f010

88,400円

購入数

19世紀に作られた南仏のキルト、ブティ。ステッチごとに綿を詰めて作られているので膨らみが大きく立体的になり、ステッチによる柄が際立ちます。使われている布地も大変美しくインディゴの中に赤く縁取られた花が可愛らしく咲いています。そしてよく見るとインディゴの中に細かく繊細な茎や葉がデザインされているのが見えます。可愛らしくも甘いだけではない素晴らしい布地です。もう一面は薄いくすんだピンクのような色のストライプ柄の布地で、こちらの方がよりステッチがはっきりと見ることができます。どちらの面も使える良い品です。縁に少し綿の出ている部分がありますが、大きなダメージは無く非常に良い状態です。

サイズ: 約125cm×99cm  France


他の画像も見る>>