シミが 模様になった服  、破れた穴がデザインになった服 

継ぎはぎが抽象画のような服 、手縫いの修繕が刺繍のような服 


茶色い白とグレーになった黒 、深いインディゴと褪せたインディゴ 


絵の具のついた画家の服 、獲物の血が乾いた狩りの服

  土のついた農夫の服 、油に汚れた仕事着


夫や子への思いが針の跡に感じられる服


大切に直しなおされ着古された服 
 
 
百年間 誰にも着られず忘れられていた服





19世紀から20世紀初期頃のフランスの生活着や仕事着の美しさ。
 
良い素材、無駄のないデザイン、丁寧な仕事 。


その美しい布たちが、50年、100年、150年、
 
  それぞれの時間をそれぞれの人たちと経て、今、私たちの前に現れます。





Mindbenders&Classicsは、19世紀から20世紀半ば頃までのそんな愛されるべき

「一級品」と「首を傾げたくなるユニークなもの」をフランス各地をまわって集めています。









店舗のご案内
Mindbenders&Classicsの小屋が京橋にあります。




PRESS
当店及び当店商品が掲載された雑誌・書籍・メディア一覧です。