Biaude





19世紀から20世紀初期頃のフランス、
Maquignonという家畜の仲買人たちが着た仕事着です。
Blouse、Blaude、Blaode等、地域によって呼び名が変わります。
作業着としてアトリエで好んで着た画家もいました。また、労働者を描いた古い絵画でも見ることができます。


このワークウエアで見られる細い糸で高密度に織られた目の詰まったつるっとしたインディゴ染めのリネン地は動物の毛がつきにくくはらいやすいように作られたもの。フランスの最も美しいアンティーク布地の一つです。



新着順  |  登録順  |  価格順

27商品中 1〜20商品