early 20th c. indigo linen smock / biaude
T-1a053

87,500円(税込)

数 qty

20世紀初期頃につくられたインディゴ染めリネン・スモック。マキニョンという家畜の仲買人などが着たBiaudeと呼ばれるものです。。このインディゴの色が美しい目の詰まった薄手のリネン地はフレンチ・アンティーク・ワークウエアの象徴的な布の1つです。こちらはプルオーバータイプで、上から5番目のボタンまで開きますが、その下は飾りボタンです。裾まで飾りの前立てをつくった珍しいデザインです。ボタンはシェル製で、縁の削られた良いボタンです。右袖口のみコロゾナット製に付け替えられています。ボタンホールは手縫い、胸ポケットのデザインも凝っています。ネック周りにたっぷりギャザーが入っているので、着用時にフワッと広がる綺麗なシルエットです。0.1cm~0.8cm程の穴が数か所あります。生地は比較的しっかりしているので着用に問題ない程度ですが、ダメージを気にされない方にお勧めします。

サイズ:着丈約90cm、肩幅64cm、身幅約90cm、袖丈48cm   France

Linen
Measurements : Back length 90cm, Shoulder 64cm, Chest 90cm, Sleeve length 48cm

他の画像も見る more pics>>